第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック

学校提携ローンとは

学校提携ローンというのがある。

 

学校提携ローンというのは、入学金や学費などの学校納入金を、信販会社(カード会社)が建て替えて納入してくれるサービスだ。

 

大学や専門学校の初年度納入金は、文系学部でも120万円以上になるのだが、それを一括で支払うのは大変だ。

 

これを100回分割とか150回分割にして支払うのが、学校提携ローンだと考えれば良い。

 

学校提携ローンは、一般の教育ローンとは異なり、学校に納入する費用しかまかなえない。

 

というのも学校提携ローンというのは、就学費用、つまりお金を貸してくれるわけではなく、学校納入金を分割払いにするサービスだからだ。

 

しかし逆に言うと、納入金だけ借りればいい人には、非常に都合の良い教育ローンかもしれない。

 

学校提携なので、学校が指定しているローン会社なら、他の教育ローンのような煩わしい手続きをしなくて済む

 

またクレジットカード(信販カード)の延長なので、生徒本人に毎年収入があれば生徒本人でも利用できる。

 

在学中は親が返済していても、卒業後に生徒本人に返済してもらうサービスもある。

 

社会人学生には、これは有り難いサービスかも。

 

金利で考えると、学校提携ローンというのは、ちょっと高いのだが、他の教育ローンと比べると繰り上げ返済も簡単だから、どんどん返済すれば、あっと言う間に返せるかも。

 



オリコの学費サポート ジャックスの教育ローン

学校提携ローンは、学校に納入する費用を、分割払いにしてくれるサービスだ

 

簡単に言うと、入学金や学費・諸経費を、月賦(げっぷ)にしてくれるサービスで、オリコやジャックスなどの信販会社が取り扱っている。

 

オリコは「学費サポート」、ジャックスは「教育ローン」と言う風に名称は様々だが、学校側が指定している信販会社の中から、選べば大きな問題は無いだろう。

 

多くの私立大学や専門学校などが、学校提携ローンを利用しているので、入学案内パンフレットを読めば、どこが利用できるか分かるはずだ。

 

学校提携ローンの概要(オリコの学費サポートプランの例)

利用可能費用入学金・授業料・教材費・実習費等、学校へお支払いする学納金新入生だけでなく、在校生もご利用可能
利用不可費用学校以外にお支払いする費用(教材費、留学費、寮費など学校以外の業者へ直接お支払いする場合)/定期代などの交通費や生活費
利用可能金額10万円以上500万円以下(1円きざみ)(ご利用残高合計)
※1回の利用金額は納付書(振込用紙)、募集要綱などに記載された金額以内
入学金・授業料などの振込信販会社から学校指定口座へ直接振込み。

 

※契約者への入金はなし。

 

学校からの指定日には学校へ振込。

 

返済方法通常返済(ボーナス併用可能)、ステップアップ返済、親子リレー返済※繰上げ返済も可能。

 

お支払手段民間金融機関・ゆうちょ銀行からの口座自動振替。

 

支払日毎月27日(金融機関の休業日の場合は翌営業日)
支払開始日利用月の翌月から支払開始
手数料率利用時の手数料率は、完済時まで変わりません。

 

※ご契約者さまの本人確認資料(運転免許証や保険証など)、年収を確認する資料(源泉徴収票や確定申告書など)は必要ありません。

 

連帯保証人原則不要 ※保証料、担保も一切不要です
お申込方法インターネットからお申込いただけます。

 

オリコ提携 教育ローンより抜粋
このエントリーをはてなブックマークに追加

キッズサプリ ノビルン
ノビルン