第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック

勉強ができない原因は塾にはない

成績が上がらないので転塾する。

 

それは成績が上がらない原因が分かっている場合にだけ意味がある。

 

「塾を変えれば成績が上がるんじゃないか」と考えて転塾を何度も繰り返すのは意味が無い。

 

学習塾難民というやつだが、こういう人の場合は成績なんか上がらない。

 

というのも子供が勉強できない原因が、家の外にあると思っているから、転塾を繰り返すのだ。

 

成績が悪い原因が分かっていれば、転塾するにしても原因に応じた塾を探せば一回ですむ。

 

なので塾を何度も変えるというようなことは起こらない。

 

転塾を繰り返すというのは、勉強ができない原因が分かってないからこそであって、やみくもに転塾させても問題は解決しない。

 

一方、学習塾の側から見ると、できる子供というのはたいてい、塾に来た時点からできているのが普通だ。

 

知識は少なくとも、読み書きや計算はきちんとできる。

 

計算速度は遅くてもできるし、家でちゃんと勉強しているのがわかる

 

子供の勉強を家で見ているかどうかなんて、塾の講師にはすぐに分かってしまうが、家でちゃんと勉強している子供の場合は、たいていの場合、効率的なやり方を知らないだけで、塾に通い始めればすぐに成績が上がる。

 

【学習習慣】×【勉強のコツ】=【好成績】
という公式が成り立つわけだ。

 



塾は「できる子供」を伸ばしているだけ!

家庭学習の習慣がある子供は、今は成績が悪くても、すぐに伸びる。

 

しかし家庭学習の習慣がない子供は、急にできるようにはならない。

 

理由は簡単で成績が上がる理由がないからだ。

 

家で基礎的な勉強をしている子供は、言うなれば土台がソコソコできているので、あとは上に建物を建てればいい状態だ。

 

ところができない子供というのは、その土台を一から作らないといけないので、土台作りにアホほど時間がかかるのだ。

 

ただし例外もあって、地頭はよいのだけれど、今まで勉強の方法が分からなかったり、勉強の練習をしてこなかった子供の成績はすぐ上がる。

 

地頭が良い子供は、とにかくスピードがあるので、土台からやり直しても、半年もあればできる子供になる。

 

図鑑どころか辞書すらない家庭もダメだ。

 

歴史漫画などの学習漫画も、あった方が良い。

 

単なる暗記と具体的なイメージのついた言葉では、理解度が全然違うから、漫画のキャラクターのようなものであってもイメージをもてるのは重要なことである。

 

こういうモノは低学年くらいから家に並べておくと、子供というのは好きなときに勝手に読むので覚えも速い。

 

成績が上がらないから転塾するという場合、まず家庭に成績が上がる理由があるかどうか考える必要がある。

 

これがなければ思いっきりブレーキを踏んだ状態で子供を塾に行かせていることになるので、成績なんか上がりようがない。

 


広告

子育て 人気教材

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術


このエントリーをはてなブックマークに追加

進研ゼミ 小学講座