塾難民 学校や塾に責任を押しつけるな

塾難民 学校や塾に責任を押しつけるな

第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★和田秀樹が教える 「中学受験 親のバイブル」
第3位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック

学校任せ、 塾任せ、 は、 ダメな親の見本

塾難民(じゅくなんみん)とは、3〜4ヶ月ごとに転塾させられる可哀想な子供のことだ。

 

成績が悪いと言って入塾し、成績が上がらないと言って、数ヶ月後には退塾する。

 

これをあちこちの塾で繰り返して、地域の塾から厄介者扱いされる。

 

駅前に、塾が10もあるような地域では、いくらでも転塾が可能だから、そういうことをやるんだろうけど、子供はもう本当に申し訳なさそうに辞めていく。

 

「ああ、また別の塾に行かされるのか」と、半ばあきらめた表情で去って行くのを見るのは辛い。

 

こういう子供の場合、勉強ができない大きな原因は、「基礎トレーニング不足」と、「学習障害」だろう。

 

百回練習が必要なことは、百回やらねばならないし、千回やらなければ理解できないことは、千回やらねばならない。

 

しかし勉強ができない子供の場合、最低限必要な回数の鍛錬が、まずこなせていない。

 

百回練習が必要なモノも、20回もやれば、もう「自分にはできない」とあきらめてしまうのだ。

 

学習障害があると、これがさらにひどくなる。

 

なので親や周囲の大人の手助けが必要になるのだが、ろくに勉強をしてこなかった親は、それができない。

 

「できるようになるまで、何十回も何百回も繰り返す」という、ただそれだけのことなのだが、それができないのだ。

 

そうして子供の教育の責任を、学校や塾に押しつけるため、学校や塾に怒鳴り込んだりするわけだ。

 



子供を見れば、親がサボっているのは丸わかり

勉強ができる子供と、できない子供を比べると、親の出来や努力のレベルが見えてしまう。

 

というのも勉強は、できるようになるまで、何十回も何百回も繰り返さねばならないから、とにかく時間と根気が必要なのだ。

 

それが分かっている親は、子供が自分で勉強できるようになるまでは、つきっきりで読み書きを教えているし、子供が小さい頃から何かにつけて勉強させている。

 

たとえば子供に本を読んでやって、言葉を覚えさせようとするし、街に連れ出していろんなモノを見せようとする。

 

動物園や植物園にも連れて行くし、絵本や図鑑などは山ほど買い与える。

 

小学生になったら、読み書きの練習や計算練習は毎日やらせるし、勉強して100点を取らなければ、欲しがっているオモチャも買い与えない。

 

そういう風に家庭できちんと教育されいる子供の場合は、たとえ学習障害の気(け)が多少あっても、読み書きや計算ができるようになる。

 

大きな発達障害が伴わない学習障害の場合、家庭での教育がきちんとしておれば、おそらくかなり良い大学まで進学することができるだろう。

 

逆に、学習障害がある場合、家庭での教育がしっかりしていないと、中学や高校で落ちこぼれることになる。

 

小学校4年生あたりから、抽象的な言葉が増えて行くし、英語の学習が始まると、途端にワケが分からなくなっていく。

 

分からないことが多くなると、ムシャクシャしたりイライラしたり、あるいは頭がボーッとして、何にも頭に入らなくなる。

 

そうして学校で教えられていることがどんどん素通りしだし、授業中に消しゴムを練ったりして、暇つぶしばかりうまくなる。

 

こういう子供の場合、小学校の低学年まで立ち戻って、一つ一つ勉強をやり直さなければ、できるようにはならない。

 


スポンサードリンク

中学受験 家庭学習 人気教材

第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★和田秀樹が教える 「中学受験 親のバイブル」
第3位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック
★第4位★中学受験子どもが自分から机に向かうようになる秘訣
★第5位★【中学受験】塾の復習テストで得点力アップ!中学受験塾・復テ対策講座
★E判定から東大合格★東大卒脳力開発インストラクターが教えるわくわく試験合格術
★京大卒 カリスマ家庭教師監修★子供を勉強ができる子にしてしまう方法

潜在意識・脳能力開発ツール 教材 人気ランキング

★第1位★東大医師監修・森田敏宏の天才脳開発パーフェクトブレイン

★第2位★サブリミナルで自分を洗脳して望みを叶えろ!サブリミナルブレイン

★第3位★自分の人生を生きろ!PotencialSecret 潜在意識活用マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加