パズルが解けない子供に高得点は取れない

パズルが解けない子供に高得点は取れない

第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★和田秀樹が教える 「中学受験 親のバイブル」
第3位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック

問題文すら見ずに答えを埋める子供

模試で偏差値45の壁が越えられない子供は、試行錯誤する力が無い。

 

ああでもない、こうでもない、と言う風に、色々考えて答えるということができない

 

適当に答えてみて、合っていればラッキーで、合っていなければアンラッキー、という感じだ。

 

なので決まったやり方でする計算や、覚えている漢字や言葉の読み書きなどはできるが、算数の一行問題(簡単な文章題)や、国語の接続詞などを選ぶような問題はまるでダメ。

 

試行錯誤をしないため、最初に思いついた答えを書くか、問題文すら見ずに解答用紙を埋めて持ってくる

 

そんなことをする奴が世の中にいるのか、とビックリするが、男でも女でも、そういうタイプのできない子供がいる。

 

ハナっから点数を取る気が無いし、面倒なことは自分でやらずに他人にやらせようとするタイプで、こんなくだらないことをやるなんて「頭が悪い」と思っているらしい。

 

そのため、一生懸命に漢字の読み書きを練習させたり、計算練習を繰り返させても、偏差値は45を越えられない。

 

勉強なんかしなくても、欲しいモノを買い与えられて育っているのか、勉強する動機や、良い点を取るインセンティブ(報償)が何にも無いらしい。

 

こういうタイプの子供は、パズルをやらせても解けない。

 

というか、解けるまで頑張らない。

 



入試問題の構成とパズル

勉強というのは、一種のパズルである。

 

既にわかっている知識を使って、目の前にある問題を解くために学ぶのだ。

 

知識を覚えたり計算をするだけではダメで、それを使って目の前のパズルが解けないといけないわけだ。

 

そのためには試行錯誤をして答えに辿り着くことが必要で、これができなければ、偏差値45の壁は越えられない。

 

実際、入学試験の構成は、大きく分けて3つのレベルで構成されている。

 

1つめは単純に知識を問う問題で、「知っているかどうかを確認する」問題。

 

漢字や言葉の読み書き問題や、単純な計算問題などがこのタイプの問題だ。

 

2つめは「覚えた知識を駆使する力」を問う問題。

 

国語では、接続詞を選ぶとか、同じ意味の単語を探すとか、該当する部分を書き抜くとか、言葉にまつわる問題。

 

算数では、一行問題と呼ばれる、比較的シンプルな文章題がこれにあたる。

 

このタイプの問題は、知識があるだけではダメで、覚えた知識を使って、パズルを解かせる問題だ。

 

このパズルが解ける子供は、偏差値50以上の成績を取るし、さらに高得点も狙える。

 

逆に偏差値45を越えられない子供というのは、試行錯誤ができず、検算もできないので、2つめのレベルのパズル問題が殆ど解けない。

 

そのため模試の点数も、30点とか40点で頭打ちになって、それ以上はもう点数が取れないので、いつまでたっても成績が上がらないわけだ。

 


スポンサードリンク

中学受験 家庭学習 人気教材

第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★和田秀樹が教える 「中学受験 親のバイブル」
第3位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック
★第4位★中学受験子どもが自分から机に向かうようになる秘訣
★第5位★【中学受験】塾の復習テストで得点力アップ!中学受験塾・復テ対策講座
★E判定から東大合格★東大卒脳力開発インストラクターが教えるわくわく試験合格術
★京大卒 カリスマ家庭教師監修★子供を勉強ができる子にしてしまう方法

潜在意識・脳能力開発ツール 教材 人気ランキング

★第1位★東大医師監修・森田敏宏の天才脳開発パーフェクトブレイン

★第2位★サブリミナルで自分を洗脳して望みを叶えろ!サブリミナルブレイン

★第3位★自分の人生を生きろ!PotencialSecret 潜在意識活用マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加