国語の成績が悪いのはなぜ?国語の勉強法

国語の成績が悪いのはなぜ?国語の勉強法

第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★和田秀樹が教える 「中学受験 親のバイブル」
第3位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック

国語の成績が悪いのはなぜ?国語の勉強法記事一覧

国語の成績が、実は一番伸ばしにくい

国語の成績を上げたい。少なくともあと十点は欲しい。そう思っても、簡単に点数を上げられないのが国語だ。中学受験4教科のうち、どれが点数を上げやすいかというと、一番点数が上げやすいのは算数で、次は理科・社会、最後が国語になる。算数は、計算さえできれば、あとは点数が取れる単元を増やしていけば良い。単位換算...

国語の成績が、実は一番伸ばしにくい

 

読めないと覚えられない、やる気も失せる

国語の成績を上げたい。なんとかあと10点欲しい。そのためにはまず、勉強の3段階「習得・修練・挑戦」のうち、今どの位置にいるのかを確認して、何が足りないかを見つけないといけない。まず国語の模試偏差値が42以下の場合は、語彙力が無くて、読み書きができていない。実力テストの答案を見ても、漢字や言葉の読み書...

読めないと覚えられない、やる気も失せる

 

読み特訓のやり方と、ディスレクシア難読症

国語の学習はまず、文章が読めねばならない。文章を読むには文字が読めねばならない。なので成績が悪い場合はまず、漢字や言葉の読みを徹底的にチェックして、読めない単語を減らさねばならない。読めない言葉や意味の分からない単語があると、頭に空白状態ができて、やる気がなくなる。不満を言い始めたり、あら探しをし始...

読み特訓のやり方と、ディスレクシア難読症

 

学習障害と音読 人は言葉を音で覚えている

学習障害とは、勉強しても、なかなかそれが身につかない障害だ。文字の読み書きがスムーズにいかないディスレクシア(難読症)や、計算が苦手なディスカリキュラ(計算障害)があり、別にアスペルガー症候群というのもある。ディスレクシアは人口の約一割前後いるといわれ、英語圏では発生率が高くて15%前後、逆に日本や...

学習障害と音読 人は言葉を音で覚えている

 

白文帳 漢字は方眼ノートを使って練習

白文帳(はくぶんちょう)というのは、長野県の中学生の宿題ノートだ。長野県の公立中学校では、毎日、白文帳というノートに漢字をたくさん書いて提出する。これが何年か前に、『秘密のケンミンショウ』という番組で、紹介されてたのでちょっと興味が湧いた。この「白文(はくぶん)」というのは、返り点や送り仮名の付いて...

白文帳 漢字は方眼ノートを使って練習

 

漢字 辞書を引かずに語彙力を増やす方法

漢字練習は、方眼ノートを使って3回ずつくらい練習するのが良い。8ミリ方眼とか10ミリ方眼ノートは、大手の100円ショップで売ってるのでたくさん買ってきて練習すれば良い。また漢字を一文字ずつ練習するのではなくて、熟語を単位として練習するのが良い。小学校4年生くらいから、学校では抽象的な言葉が増え始める...

漢字 辞書を引かずに語彙力を増やす方法

 

漢字のトメ、ハネ、ハライには正解がない

塾で漢字学習を指導していると、漢字の「トメ、ハネ、ハライ」に異常に執着する親御さんが居る。たいてい、字はきれいだが、仕事はさほどできないタイプの親御さんによく見られる傾向だ。こういう親御さんは、たとえば「木」の縦棒は、ちゃんとトメなさい。「公」の2画目は、ちゃんとハライなさい。などと言って子供を叱っ...

漢字のトメ、ハネ、ハライには正解がない

 

偏差値50の壁 低学年の問題集から始める

国語の偏差値が45を越えていると、基礎的な文字の読み書きや、接続詞を選ぶ問題などでは、ほとんど点数が取れていることになる。しかし偏差値50を越えられない、あるいは偏差値がテストのたびに、激しく上がったり下がったりする生徒の場合、文章の読解力に得手不得手がある。つまり得意な文章ではものすごく成績が良い...

偏差値50の壁 低学年の問題集から始める

 

内容真偽問題で、いきなり正答を消す子供

算数はできるのに、国語の成績が良くない。こういう場合何が悪いのか、模試の偏差値やテストの答案によって、ある程度は推測ができる。まず偏差値42以下の場合は、基本的に語彙力・言葉の知識が足りない。テストの答案を見ても、漢字や言葉の読み書き問題や、接続詞を選ぶような文法問題で得点できていないはず。こういう...

内容真偽問題で、いきなり正答を消す子供

 

内容真偽問題は、語彙力と精読力が問われる

読み書きなどの語彙力はあるのに、なぜか偏差値が50を越えられない生徒。算数の偏差値は55以上あるのに、国語の偏差値は46とか47とか。こういう生徒の場合、得点源のはずの、内容真偽(ないようしんぎ)問題の正解率が悪い。内容真偽問題とは、文章を読ませて、その内容に合っている選択肢を選ぶ問題だが、記号で答...

内容真偽問題は、語彙力と精読力が問われる

 

偏差値が50前後で大きく変動する理由とは

国語の偏差値を上げる方法。国語の模試の偏差値が42以下だと、明らかに漢字や言葉の読み書きがダメ。漢字の読み書き問題の正解率が低く、まぐれ当たりで点数を取っている状態だ。なので子供がこのレベルにいるなら、とにかくまず漢字や言葉の読みと、その意味を徹底的にたたき込む必要がある。漢字や言葉が読めず、意味が...

偏差値が50前後で大きく変動する理由とは

 

算数や理科が得意な子供は、問題文が苦手?

模試の国語の偏差値が、50を挟んで毎回大きくゆれ動く場合、得手不得手(えてふえて)が、他の子供より大きいと考えられる。つまり、得意な文章が出れば高得点で、苦手な文章では殆ど点が取れない。こういう状況だと、安定した成績が取れないので、模試のたびに偏差値が大きく上下に揺れ動くわけだ。こういう現象は、おそ...

算数や理科が得意な子供は、問題文が苦手?

 

国語は、「他人を分析する力」を試すテスト

国語の成績が悪い子供の場合、何を答えるのかよく分かっていない。もちろん「登場人物の心情」や、「筆者の言いたいこと」を答えるのだ、…というのは分かっているのだろうが、一番肝心なのは、それではない。というのも国語で問われているのは、「他人の心境・気持ち」であったり、「他人の意見・主張」なのだ。物語文では...

国語は、「他人を分析する力」を試すテスト

 

メタ認知とキャラクターのアナロジーで解く

読み書きや語彙力があるのに、国語の成績が悪い場合は、自分と他人の区別がついているかどうかを調べてみる必要があるかもしれない。というのも国語のテストでは、自分の気持ちや意見を、とりあえず横に置いておかないといけないからだ。国語のテストで問われているのは、あくまでも問題文中の登場人物についてや、文章を書...

メタ認知とキャラクターのアナロジーで解く

 

物語文の解き方 心情に関係ある言葉を拾う

国語の入試問題で必ず出る「物語文」というのは、実は物語そのものではない。物語文は、物語のほんの一部だけをテスト用に取り出していることが多いのだ。論説文の場合は、著者の主張を順序立てて説明する文章なので、省略しようにも省略できない事が多いし、フルサイズで載せても大した分量にはならない。しかし物語文の場...

物語文の解き方 心情に関係ある言葉を拾う

 

子供がフリーズするのは、やり方が分からないから

国語の問題を解くとき、何をすればいいのか分からないで、フリーズして固まってしまう子供がいる。子供がフリーズしてしまう時はたいてい、何をやって良いのか分からない場合だ。何をやって良いのか分からないので、じっと動かず何かが起こるのを待っている。子供は、やり方を調べる能力がないので、誰かに何をすれば良いの...

子供がフリーズするのは、やり方が分からないから

 

仕草には意味がある 心理状態を表す仕草

物語文が苦手な子供というのは、問題文中に書かれている人の行動や仕草に意味があるということが根本的に分からない。行動や仕草の表現は、物語文を読むための重要な手がかりで、そこから登場人物の心境を読み取るのだが、そこを簡単に見過ごす。もちろん、実際の人間の行動や仕草に、一々意味があるというわけではない。我...

仕草には意味がある 心理状態を表す仕草

 

常識や道徳力も必要、常識を疑う力も必要

中学受験の国語の問題には、実は相反する問題が含まれている。そのため、偏差値が50を挟んで、大きく上がったり下がったりする場合は、このどちらかの問題で点が取れず、それで成績が大きく変動する。その相反するタイプの問題が、物語文と、論説文・評論文だ。まず物語文で問われるのは登場人物の心境であるが、中学受験...

常識や道徳力も必要、常識を疑う力も必要

 

論説文や評論文は、結論を確かめてから読む

論説文や評論文を読むのは、語彙力さえあれば、比較的簡単だ。というのも論説文は、著者が自分の言いたいことを訴えている文章であるから、その「言いたいこと」さえ見つければ、あとは芋づる式にわかっていく。また評論文は、小説や映画や政治など、他人が作った作品や他人がしたことを、褒めたりけなしたりしている文だ。...

論説文や評論文は、結論を確かめてから読む

 

比較文明論 常識は国や地域によって違う

中学受験の国語問題として、良く取り上げられる文章の一つに、比較文明論というジャンルがある。比較文明論というのは、日本と西欧文明などを比べて、ああだこうだ言う文章だ。比較文明論は、論説文と比べると、多少読みやすい文章になっている。というのも国や文明が異なると、常識や道徳が異なっていてもおかしくないと、...

比較文明論 常識は国や地域によって違う

 

自分の知識や常識で判断してはダメ

中学受験・論説文の成績アップ法。物語文はできるけれど、論説文や評論文が苦手な子供も多い。国語が得意な子供というのはたいてい、物語文が好きなので物語文は得意だが、論説文や評論文はダメだという。物語を読むのが好きな小学生にしてみれば、物語文は読むこと自体が楽しいのでわかりやすい。しかし論説文や評論文にな...

自分の知識や常識で判断してはダメ

 

道徳的に正しい選択肢は、間違えになる

論説文や評論文の四択問題は、物語文の四択問題とは違った難しさがある。というのも論説文や評論文は、常識を疑うような論旨が多いため、子供が持っている常識を否定するような答えも多いからだ。四択問題が問うているのは、本文の内容を読み取る力と、言葉や表現の言い換えができるかどうかなのだが、それ以前に「自分の持...

道徳的に正しい選択肢は、間違えになる

 

イイスギの選択肢はダメ 言い換えはOK

論説文や評論文の問題は、他人の言っていることを正確に理解できているかが鍵になる。なので著者が書いていないことを答えたら、それは全て誤答になると考えれば良い。たとえば「世界には飢餓で苦しむ人が大勢いるのだから、食べ物を粗末にしてはいけない」というような道徳的に正しい文章でも、著者の主張に合っていなけれ...

イイスギの選択肢はダメ 言い換えはOK

 

書き抜きができないのは答えを予想してない

国語のテストによくあるの問題に、文中の言葉を抜き出す問題がある。抜き出すのは言葉だけの場合もあるし、一文を全部抜き出すこともある。文字数が指定されている場合もあるし、「文中の用語を用いて」という場合もある。答えはもちろん問題文の中に書いてあって、それを見つけてただ書き出すだけだ。なのでこれも是非得点...

書き抜きができないのは答えを予想してない

 

世界は言葉でできている 個人語には注意

国語の問題文を読んでいると、たまに普通の言葉がカッコつきで書かれていることがある。たとえば、「私は彼のことを『先生』と呼んでいた」等という風に、特定の単語にカッコをつけた文章だ。このカッコ付きの言葉のことを特に「個人語」などと呼ぶことがある。個人語というのは、一般的な言葉を、作者独特の定義で使ってい...

世界は言葉でできている 個人語には注意