子供がフリーズするのは、やり方が分からないから

子供がフリーズするのは、やり方が分からないから

★中学受験★塾の宿題が多すぎて困惑。復習テストで高得点を取るための「復テ対策講座」

★中学受験★子供のやる気を引き出せ!子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

★中学受験★中学受験を成功に導くお母さんのためのワークブック

子供がフリーズするのは、やり方が分からないから

国語の問題を解くとき、何をすればいいのか分からないで、フリーズして固まってしまう子供がいる。

 

子供がフリーズしてしまう時はたいてい、何をやって良いのか分からない場合だ。

 

何をやって良いのか分からないので、じっと動かず何かが起こるのを待っている。

 

子供は、やり方を調べる能力がないので、誰かに何をすれば良いのか、教えてもらえるのを、じっと待っているわけだ。

 

だからやり方さえ教えれば、あとは色々考えて動き出すことが多い。

 

たとえば、テレビ番組でアイドルに「食レポ」、つまり食べ物のレポートをさせる企画がよくあるが、見よう見まねでやらせても、「どうしよう、どうしよう」と言ってるだけでグダグダになる。

 

しかし「まず食材や料理をカメラに見せる」「食べる前に香りをかいでみる」「一口分を箸で持ち上げてカメラに見せる」「一口分を食べて、味の説明と感想を言う」などという手順とポイントを3つか4つくらい、実際にやって見せて説明すると、以前とは見違えるような食レポをし始める。

 

やることがハッキリすれば、あとはもうそれをやるだけだから、迷わないし、自分なりの工夫というのも始め出すわけだ。

 

なので物語文をどう解いて良いのか分からない子供には、問われている人物の動作や表情などを、片っ端から調べさせると良い。

 

たとえば「太朗はどなぜそういうことをしたのか?」という問いには、文中の太朗の行動に片っ端から線を引かせれば良い。

 

手間はかかるが、やることはハッキリしてるから、やる気がある子供なら、できるはずだ。

 


スポンサードリンク

物語文の読解には、下ごしらえが必要

物語文を解くには、下準備が必要だが問題文が苦手な子供というのは、何をやって良いのかよく分からない。

 

なので、やるべき作業をハッキリさせ、手順を教えてから解くようにする。

 

問題文を読んで、何の工夫もせずに、ただ答えるだけなら今と変わらないので、成績を上げることは無理だろう。

 

これは小説や物語が好きで、問題文でもそこそこ点数が取れる子供でも同様だ。

 

まず問題文で問われるのは登場人物の心情だから、どういう登場人物がいて、どういう関係なのかを、図示してみると全体像がわかりやすい。

 

「人物相関図」みたいなモノを作り、事件によってどういう気持ちになったのかを、明らかにしてみる。

 

また問題で問われている人物について、行動や表情などの描写部分に線を引いて、何が起こったかイメージしやすくしてみる。

 

読書が好きな子供の場合、頭の中でこういう作業ができるので、印をつけるなんて面倒なことはいやがるかもしれない。

 

しかし一度に記憶出来る量には限界があるし、見直すときに、さっき何を考えていたのか分からなくなるから、とにかく問題文に印を付けさせてみる。

 

問題文中から心情を読みとるには、行動・言動・しぐさといった、ちょっとした表現が手がかりになるので、大事だと思った部分には○印や☆をつける。

 

こういう風に自分なりの印をつけてみれば、何となくボンヤリしていたことがハッキリしてくる。

 

見通しが良くなると、何にも答えが書けなかった子供も、答えを書くことができるようになっていく。

 

もちろんこれは、偏差値50前後をウロウロしていて、どうしても成績が上がらない子供の場合の話だが。

 

偏差値45未満の子供の場合は、とにかくまず語彙力をつけなければ、読解に進んでも、何にもできないし。

 


スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

中学受験 家庭学習 人気教材 2016/10

★中学受験★塾の宿題が多すぎて困惑。復習テストで高得点を取るための「復テ対策講座」

★中学受験★子供のやる気を引き出せ!子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

★中学受験★中学受験を成功に導くお母さんのためのワークブック

★幼児教育★ご自宅で知育教育を極めたい2、3歳のママ限定! つみきカレッジ「知育教育完全マニュアル」

★★

このエントリーをはてなブックマークに追加