読めないと覚えられない、やる気も失せる

読めないと覚えられない、やる気も失せる

第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★和田秀樹が教える 「中学受験 親のバイブル」
第3位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック

国語はまず、文章を読むことから

国語の成績を上げたい。

 

なんとかあと10点欲しい。

 

そのためにはまず、勉強の3段階「習得・修練・挑戦」のうち、今どの位置にいるのかを確認して、何が足りないかを見つけないといけない。

 

まず国語の模試偏差値が42以下の場合は、語彙力が無くて、読み書きができていない。

 

実力テストの答案を見ても、漢字や言葉の読み書きの問題で、点数が取れていないはずだ。

 

これは第一段階の「習得」レベルがダメだと言うことで、とにかく漢字の読み書きの練習とクロスワードパズルを徹底的にやる必要がある。

 

第一段階の習得が充分できていないのに、次の段階の学習をいくらやっても効果は無い。

 

というのも言葉は、読めないと覚えることができないからだ。

 

人間の脳というのは、言葉を「音」で覚えているので、「音」がないと言葉を覚えることができない。

 

そして音がないと、音と意味や、音と文字とを結びつけることができないので、漢字や単語のつづりを覚えることもできない。

 

漢字や言葉の「読み」の練習とはつまり、目に見える文字と、耳から聞こえる音を結びつける作業で、この作業をまずしっかりやらないと、先へは進めなくなってしまうわけだ。

 

この作業がうまくいかないのが、難読症(ディスレクシア)と呼ばれる学習障害で、読み書きができるようになるまで、根気よく練習が必要だ。

 



読めないと、やる気を失って、暴れ出す

国語の模試の偏差値が42以下、あるいは漢字の読み書き問題で、点数が殆ど取れていない場合は、第一段階の学習ができていない。

 

なのでまず、文字が「読める」ように、漢字や言葉の読みを徹底的にたたき込まないと次へは進めない。

 

漢字の書き取りは後回しでも良いが、読みだけは先に読めるようにしないといけない。

 

でなければ問題文を読むことができず、何が書いてあるか考えることすらできなくなる。

 

私なども英語のニュースを読むとき、知らない単語ばかりだと全然読む気が無くなってしまうが、文が読めないと学習意欲もなくなってしまうのだ。

 

ロン・ハバートの「勉強の技術」という本によると、意味の分からない言葉があると、そのあとから頭が空白になるという。

 

頭が空白になった人は、その空白が埋まらないと、その状況から離脱して不満を言ったり、他人のあら探しをし始めるという。

 

知らない話をされたときに、席を離れたり、突然キレて暴れたりというのも、この状態らしい。

 

ロン・ハバートは勉強の障害(勉強を阻むもの)を3つに分類しているが、言葉の意味が分からない・意味を取り違えているというのが、最も重要な勉強の障害としている。

 

勉強の3つの障害
  • 質量が欠けていること(実物や画像を見たことがない)
  • 段階が高すぎること(学習者にとって難しすぎる)
  • 誤解語(言葉の意味が不明、あるいは間違えて覚えている)
※ロン・ハバート「基礎からわかる勉強の技術」より

スポンサードリンク

中学受験 家庭学習 人気教材

第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★和田秀樹が教える 「中学受験 親のバイブル」
第3位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック
★第4位★中学受験子どもが自分から机に向かうようになる秘訣
★第5位★【中学受験】塾の復習テストで得点力アップ!中学受験塾・復テ対策講座
★E判定から東大合格★東大卒脳力開発インストラクターが教えるわくわく試験合格術
★京大卒 カリスマ家庭教師監修★子供を勉強ができる子にしてしまう方法

潜在意識・脳能力開発ツール 教材 人気ランキング

★第1位★東大医師監修・森田敏宏の天才脳開発パーフェクトブレイン

★第2位★サブリミナルで自分を洗脳して望みを叶えろ!サブリミナルブレイン

★第3位★自分の人生を生きろ!PotencialSecret 潜在意識活用マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加