算数や理科が得意な子供は、問題文が苦手?

算数や理科が得意な子供は、問題文が苦手?

第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★和田秀樹が教える 「中学受験 親のバイブル」
第3位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック

国語で出題される文章は2種類しかない

模試の国語の偏差値が、50を挟んで毎回大きくゆれ動く場合、得手不得手(えてふえて)が、他の子供より大きいと考えられる。

 

つまり、得意な文章が出れば高得点で、苦手な文章では殆ど点が取れない

 

こういう状況だと、安定した成績が取れないので、模試のたびに偏差値が大きく上下に揺れ動くわけだ。

 

こういう現象は、おそらく国語特有だと思う。

 

というのも他の科目では、大問が4つから5つあって、いろんな単元から出題されるから、もの凄く苦手な単元が1つあっても、大きく点数が下がると言うことは無いからだ。

 

しかし中学入試で出題される文章には、大きく分けて論説文(説明文)物語文(小説・詩歌)の2つのタイプしかない。

 

そのため、どちらかの文章の読解が苦手だと、点数が全く取れないことも起こりうる。

 

因みに説明文や論説文は、論理的な考え方を問う問題で、どちらかというと算数や理科が得意な理科系向きの問題。

 

もう一つの物語文や詩歌・俳句は、登場人物の心情を読み取る問題で、どちらかと言えば文系向きの問題だ。

 

この二つのタイプの文章の問題では、根本的に求められていることが異なるので、読み方の違いがしっかり分かっていないと、さっぱり分からないと言うことになるのだ。

 

そして算数や理科は大得意なのに、国語が苦手な子供の場合は、論説文ができて、物語文が苦手なことが多い。

 

登場人物の心情の変化が、どうもピンとこないらしい。

 



理系の子供は、他人の気持ちが分からない?

算数の成績は相当良いのに、国語の成績が悪い子供は、物語文の読解が苦手だという印象がある。

 

中学受験の題材とされる物語文は、たいてい小学生が主人公の物語で、登場人物の心情を考えることが多い。

 

主人公の周辺で何か事件が起こり、それによって何かを悟ったり、心情が変化する

 

それを読み取るのが物語文の出題だ。

 

ところが他人の心情を察するというのは、相当難しい作業なんだよね。

 

というのも他人の心情を読むばあい、日常生活では顔色だとか声色や仕草から読むので、それができない子供には、ピンとこないからだ。

 

私は理系人間だが、アスペルガー症候群の気(け)があって、他人の表情から心情を読むのが非常に苦手で、物語文も昔から苦手にしていたのでよく分かる。

 

答えを見ても解説文を見ても、「なんでこの文章からそこまで読み取れるのか?」と、不思議に思うこともよくある。

 

国語の問題の場合、なぜそういう答えになるのか、というところが多少曖昧で、過去問集の答えなどをみても、根拠がよく分からない解説がついていることも多々ある。

 

解説を書いた人は、おそらく、人間の類型パターンのイメージを持っていて、「こういうことをする人は、こういうことを考える」、というような「お約束」みたいなモノがあるんだろうと思う。

 

あるいは物語の他の部分や、作者の他の作品も読んで知っているので、それでちょっと勇み足的な解説になったりするんだろう。

 

それに対して、説明文や論説文というのは、文章の構造がハッキリしているから理系人間には有り難い。

 

物語文の場合は、問題文中に書かれていない心情まで読みとらなければならないが、説明文や論説文の場合、問題文中に答えは書いてあるからね。

 


スポンサードリンク

中学受験 家庭学習 人気教材

第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★和田秀樹が教える 「中学受験 親のバイブル」
第3位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック
★第4位★中学受験子どもが自分から机に向かうようになる秘訣
★第5位★【中学受験】塾の復習テストで得点力アップ!中学受験塾・復テ対策講座
★E判定から東大合格★東大卒脳力開発インストラクターが教えるわくわく試験合格術
★京大卒 カリスマ家庭教師監修★子供を勉強ができる子にしてしまう方法

潜在意識・脳能力開発ツール 教材 人気ランキング

★第1位★東大医師監修・森田敏宏の天才脳開発パーフェクトブレイン

★第2位★サブリミナルで自分を洗脳して望みを叶えろ!サブリミナルブレイン

★第3位★自分の人生を生きろ!PotencialSecret 潜在意識活用マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加