第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック

最優先は、熟語の読みと計算問題・一行問題のチェック

中学受験、合格のための最後の追い込み。

 

まず最初にチェックしないといけないのが、漢字の読みと計算問題・一行問題だ。

 

成績が悪い子供というのはたいてい、漢字・熟語の読みができなかったりするので、ちゃんと読めているか全部チェックすべきだろう。

 

熟語の場合、読みだけでは無く、その言葉の意味もわからないといけないが、いちいち辞書を引く時間がもったいない。

 

最近は「語彙力アップ教材」というのが出ていて、熟語の意味を全部書いてあるので、それを使うと良い。

 

漢字・熟語を書くのは後回しにして良いから、まず読みが完璧にできるまで、繰り返し練習させる

 

国語に関しては、まずこれができていないと次へは進めないので、漢字・熟語を全部読ませてみて、読めなかったものに印をつけ、印をつけた熟語の読みは、親が何度も何度も徹底的にたたき込む。

 

自分が読めない言葉は、脳が勝手に「自分には関係ない」とスルーしてしまうので、読み方と意味は、とにかくたたき込まないといけない。

 

次にチェックすべきなのが、算数の計算問題と、一行問題(シンプルな文章題)ができるかどうかだ。

 

たいていの中学の入試では、最初が計算問題で、次が一行問題になっている。

 

この計算問題と一行問題を確実に正解しないと、入試で合格することは難しい。

 

なので、受けさせたい学校の過去問を用意して、計算問題と一行問題だけやらせてみる

 

ここで殆ど間違えなければ問題は無いが、そんなにスラスラ解けるような子供はなかなかいないだろう。

 



計算問題と一行問題のチェック

計算問題と一行問題は、入試で必答の問題だ。

 

必ず正解して、点数を積み上げないといけない。

 

ところが成績が悪い子供というのは、ここで点数がちゃんと取れない。

 

模試でも2〜3問しか解けないから、10点とか20点なんていう成績になる。

 

これではさすがに合格なんて考えられないから、とにかくまず過去問の計算問題と一行問題で、どれくらいの点数が取れるかを確かめないといけない。

 

目指す中学の過去問で、正答率が8割以上あれば、とりあえず次の段階に進めば良い。

 

しかし計算問題と一行問題で、8割取れない場合は、何か大きな問題を抱えていると考えるべきだろう。

 

というのも計算問題で正解にたどり着けないのは、「計算の工夫」がちゃんとできていないからだ。

 

計算の工夫ができていれば、最小の計算だけですむので、時間もさほどかからないし、間違えも少なくなる。

 

ところが計算の工夫ができずに、掛け算を見たらすぐに掛けてしまうような子供は、遠回りの計算になるし、桁数の大きな数を扱うので、間違えも多くなってしまう。

 

これでは時間はかかるわ、正答率も上がらないわで、合格点に手が届かない。

 

なので計算の工夫ができているかどうかチェックして、できていなければ、できるまでやらせる。

 

これが中学受験では、非常に重要な勉強の段階になる。

 


広告

子育て 人気教材

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術

このエントリーをはてなブックマークに追加
進研ゼミ 小学講座