できないから勉強しない偏差値40未満の子供

できないから勉強しない偏差値40未満の子供

第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★和田秀樹が教える 「中学受験 親のバイブル」
第3位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック

偏差値40未満の子供を待ちうける2つの壁とは

模試で偏差値40以下の成績をとる子供は、基本的な読み書きや、計算問題、一行問題(簡単な文章題)ができない。

 

そのため、模試でも10点とか20点しか取れず、合格判定でも努力圏ばかりのE判定で、受ける中学が見つからない状態になる。

 

ならばやるべき事は簡単で、基本的な読み書きや計算問題を、とにかく繰り返し練習すれば良い。

 

そうすれば一般の小学生レベルの、偏差値45くらいの点数は取れるはずだ、、と思う。

 

ところが、6年生で偏差値40未満の子供の場合、いろんな問題があって、そう簡単に成績が上がらないのだ。

 

と言うのもまず「10歳の壁」と呼ばれる、抽象的概念の理解は、簡単に進まない。

 

4年生から習っている事が、6年生になっても理解できていないのだから、入試直前の数ヶ月で、できる保証など全くない。

 

精一杯詰めて勉強させても、読み書きや計算が多少良くなる程度で、棒暗記させてもほとんど解けるようにならない。

 

そしてもう一つの大きな問題が、受験生本人に「やる気がない」ということだ。

 

成績の良い子供というのは「できるまでやる」という執念があり、できるまで続ける根気もあるが、成績が悪い子供にはない。

 

それどころか成績が悪い子供は、自己評価がかなり低くなっているため、受験を目の前にしていても勉強から逃げる

 

そのため、いつまでたってもできるようにならないわけだ。

 



脳が成長するにつれて、自分のダメさ加減がわかってくる

小学校低学年くらいの子供は、勉強ができないくらいでめげない

 

というのも低学年くらいの子供の脳ではまだ、自分と他人を比較するということができなくて、劣等感を感じることが少ないのだ。

 

なので自分は何でもできるという、根拠の無い自信を持つ子供もいる。

 

ところが9歳10歳と成長するにつれて、脳が発達して大人の脳に近づいてくると、時間の概念や他人との比較ができるようになる。

 

そして自分の得手不得手を、ハッキリした言葉にできるようになっていく。

 

たとえば自分は国語は得意だが、算数は苦手だとか、自分は図工と体育は得意だが、社会は苦手だとか。

 

こういう客観性が生まれ、自分を評価するようになる。

 

ここまでなら問題は無いのだが、この時期から自己評価がどんどん下がっていく

 

自己評価は小学校高学年から下がり始め、中学3年生くらいまで低い状態が続くという。

 

今まで持っていた根拠の無い自信が不安に変わり、自分はダメな人間だと思い始める子供もでてくる。

 

児童心理学の本などには子供というのは本来、競い合うことが好きだと書いてあったりするのだが、高学年くらいからは、不得意なことを避けるようになる。

 

競い合うのは好きだが、負け続けるのは面白くない。

 

そこで成績が悪い子供は勉強しなくなる

 

勉強が得意なヤツには勉強で張り合えないから、別のことで頑張ればいいやと思ったり、どうせ自分には勉強の才能など無いから、やってもムダだと判断して勉強しなくなってしまうのだ。

 

そうして授業中の暇つぶしばかり上手になり、目の前の基礎的な勉強にも取り組めなくなってしまう。

 

これがつまり偏差値40未満の子供の状態で、ここから成績を上げるのがいかに難しいかわかるだろう。

 


スポンサードリンク

中学受験 家庭学習 人気教材

第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★和田秀樹が教える 「中学受験 親のバイブル」
第3位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック
★第4位★中学受験子どもが自分から机に向かうようになる秘訣
★第5位★【中学受験】塾の復習テストで得点力アップ!中学受験塾・復テ対策講座
★E判定から東大合格★東大卒脳力開発インストラクターが教えるわくわく試験合格術
★京大卒 カリスマ家庭教師監修★子供を勉強ができる子にしてしまう方法

潜在意識・脳能力開発ツール 教材 人気ランキング

★第1位★東大医師監修・森田敏宏の天才脳開発パーフェクトブレイン

★第2位★サブリミナルで自分を洗脳して望みを叶えろ!サブリミナルブレイン

★第3位★自分の人生を生きろ!PotencialSecret 潜在意識活用マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加