中学受験講座アドバンス(育伸社の教材)

中学受験講座アドバンス(育伸社の教材)

第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★和田秀樹が教える 「中学受験 親のバイブル」
第3位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック

中学受験講座アドバンス

別冊「中学受験講座アドバンス」は、育伸社(いくしんしゃ)の受験用教材だ。

 

この教材は、I II IIIという3分冊で、小学校4年・5年・6年に対応している。

 

育伸社には「学力テストB」というのがあって、試験範囲は、この中学受験講座アドバンスの項目で指定されて出題される。

 

育伸社の学力テストは、塾で行われるテストで、標準レベルの「A」と、受験レベルの「B」があるが、受験用のテストを受けるには、アドバンス教材で勉強しないと解けない。

 

2012年までは「新錬成講座21」という、四分冊のテキストがあって、学年別にはなっていなかったのだが、学年別テキストに改められたようだ。

 

とはいっても、その前は「錬成テキスト」という、現在も販売されている学年別テキストが、中学受験用テキストだったのだが。

 

育伸社の小学生用の通年教材には他に、「ほーぷ」という少し薄めの問題集と、「小学 i ワーク」(あいわーく)という問題集がある。

 

レベル的には、ホープが基礎的な問題集で、アイ・ワークが標準的な問題集だ。

 

ホープは一つの単元が2ページから4ページで、別に問題集がついている。

 

アイワークは4年生以上用で、一つの単元が4ページ構成で、単元の最後にはまとめ問題ABが1ページずつある。

 



ほーぷは基礎力養成用、錬成テキストはできる子供用

育伸社の塾用教材は、レベルがハッキリ違うので、塾の意図がわかりやすいテキストだ。

 

まず「ほーぷ」というテキストは、非常に基礎的なテキストで、「家庭用ドリル」や「確認テスト」が別冊でついている。

 

1年生から6年生まであり、5年生からは理科や社会もある。

 

塾では薄っぺらいテキストで学習して、家では家庭用ドリルをやってきてもらい、確認テストで勉強を確認するというのが「ほーぷ」を使った勉強法と言うことらしい。

 

内容的には基礎レベルで、基礎を徹底したいという、意図があると考えれば良いだろう。

 

4年生からは「小学 i ワーク」という、少し厚い問題集がある。

 

アイワークは、標準的問題集で、基本問題からちょっと難しい問題までが載っている。

 

このレベルの問題集としては、学書の「NEW小学生ワーク」とか、教育開発出版の「ピラミッド」があるが、ハッキリ言うとさほど大した違いは無い。

 

ピラミッドや小学 i ワークは、小学生ワークより多少説明が大きめに載っている程度だ。

 

塾でこのレベルの問題集を使う場合、できる子供はこれだけでは足りないので、余分にプリントなどを渡すことになる。

 

できない子供の場合は、このテキストでは空白が多くなり、追加のプリントがこなせない。

 

育伸社の場合は、さらに分厚い「錬成テキスト」というのもある。

 

これはもともと中学受験教材だったが、新しい中学受験教材が出たあとも、評判が良くて国語と算数はずっと販売が続いているテキストだ。

 

内容的には中学受験レベルの問題も含んでいるので、非受験用教材と受験教材の中間くらいの学習レベルの教材だ。

 

通常のテキストでは物足りない生徒用に使うか、通常の受験用教材ではレベルが高すぎる生徒に使う。

 


スポンサードリンク

中学受験 家庭学習 人気教材

第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★和田秀樹が教える 「中学受験 親のバイブル」
第3位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック
★第4位★中学受験子どもが自分から机に向かうようになる秘訣
★第5位★【中学受験】塾の復習テストで得点力アップ!中学受験塾・復テ対策講座
★E判定から東大合格★東大卒脳力開発インストラクターが教えるわくわく試験合格術
★京大卒 カリスマ家庭教師監修★子供を勉強ができる子にしてしまう方法

潜在意識・脳能力開発ツール 教材 人気ランキング

★第1位★東大医師監修・森田敏宏の天才脳開発パーフェクトブレイン

★第2位★サブリミナルで自分を洗脳して望みを叶えろ!サブリミナルブレイン

★第3位★自分の人生を生きろ!PotencialSecret 潜在意識活用マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加