第1位★家庭学習だけで合格できる?!サクラサク中学受験 勉強法
第2位★中学受験はお母さん次第?くお母さんのためのワークブック

塾選びのポイント  大手の学習塾か個人経営塾か

合格するための塾選び。

 

ひとくちに学習塾といっても、いろんな授業スタイルがある。

 

同学年の生徒を決まった時間に教室に集め、決まった科目の授業をする一斉指導の塾。

 

生徒それぞれに違った科目や、違った単元の勉強を指導する個別指導の塾。

 

授業スタイルは大きく分けると、この2種類になるが、どちらが良いのかは、子どもの学力や性格による。

 

子供が自分一人でどんどん勉強し、分からないことは講師に質問できるような性格なら、一斉授業の塾でも成績は伸びるだろう。

 

しかし一人で勉強することができず、分からないことがあっても質問できない性格なら、一斉授業塾ではまず、落ちこぼれてしまう。

 

こういう子供は、多少費用がかかっても、個別指導タイプの塾の方が成績が上がるはず。

 

もちろん、家で何にも勉強しない子供は、どちらの塾でも成績は上がらないのだが。

 

似たような塾選びの選択のポイントに、大手の学習塾がいいか個人塾がいいかという話もある。

 

大手の学習塾のメリットは、多くの合格実績があることと、学習カリキュラムがしっかり組まれていることだろう。

 

ただしマニュアルがしっかりしているため、通り一遍の授業になってしまうのがデメリットになる。

 

生徒は塾の決めたカリキュラムに一生懸命ついていかねばならず、生徒が塾に合わせるという形になる。

 

また大手学習塾はテナント料の高い駅前に教室を開いているので、生徒をたくさん集める必要があり、過剰な宣伝が多い。

 

そのため、とんでもなく期待して、あとでがっかりするような親御さんもいるだろう。

 

また駅前に教室を開いているので、住んでいるところから通うのが大変になり、送り迎えが必要になるということもある。

 



個人塾のメリット

学習塾選びには、個人塾という選択肢もある。

 

個人経営塾のメリットとしては、融通が利くと言うことだろう。

 

個人経営の塾は、たいてい個別指導の形態を取っているので、生徒の学習進度や状況に対応した指導が期待できる

 

また大手の塾とは異なり駅前ではなく、地域の中にあることが多いため、家から通うのに便利な場合も多い。

 

個人塾は家庭的な雰囲気の塾が多いから、ストレスを感じることも少ないかもしれない。

 

というのも個人塾の場合は、大手チェーン塾のような転勤がないし、地域に根ざさねば経営していけないから、地域密着型になりやすいのだ。

 

講師間の連絡も密になっているので、のんびりした雰囲気で子供を教えていることが多い。

 

ただし出来が良くて上を目指す子供にとっては、ゆったりとし過ぎて刺激が足りないかもしれない。

 

自分では「できる」と思っていても、「井の中の蛙大海を知らず」で、スゴい合格実績を持つ駅前の大手塾の生徒と比べると、かなりひ弱く育っているかもしれない。

 

大手塾の場合、たくさんの生徒がいるから、自分より頭の良い奴なんてたくさんいるが、小さな個人塾の場合は、そういうわけではないから、自分の勉強量を過信する事もあるだろう。

 

個人経営の塾の場合、経営者の学力や指導力が伴わないと、適切な指導ができないこともあるから、塾にどれくらいの指導力があるのかも、問題になる。

 

大手塾の場合、個々の生徒の指導方針は、担当講師と上司が相談して決めるので、ある程度の指導力は期待できる。

 

しかし個人塾の場合は経営者が独断で決める事も多く、それが子供に合っていなければ成績が上がらないかもしれない。

 

なので模試や実力テストを毎月のように受けさせて、常に子供の学力を確かめる必要がある。

 

どちらにしても、塾任せにしないことだ。

 


広告

子育て 人気教材

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

★大手幼児教室が教えてくれない 有名小学校に合格する勉強法

★子供の睡眠の悩み)を解消!赤ちゃんがぐっすり眠る魔法の安眠術

このエントリーをはてなブックマークに追加
進研ゼミ 小学講座