大手塾では、夏休み前に単元学習が終わる。

中学受験専門塾では、夏休み前に全ての単元の指導を終える。

 

そのため、「習うことは全部習ったわけだから、もう辞めてもOKなんじゃないか?」という考えもあるだろう。

 

大手塾の夏期講習は、受験範囲の全てを総復習するという形になる。

 

復習のために20万弱のお金を払うわけだが、これはあまりにももったいない話だ。

 

復習したからと言って、子供の学力がそんなに上がるわけでもないし。

 

大手塾に通っていても、子供の成績が全然上がらないなら、ここで転塾を考えても良い

 

というのも大手専門塾では、生徒の理解度合いを無視して、どんどん授業を進めるので、どうしても置いてきぼりになる子供が大量に出てしまうからだ。

 

そこで考えるのが、ダブルスクールと転塾だ。

 

ダブルスクールとは、もう一つ別の塾に通うことで、同時に二つも三つも塾に通わせる。

 

大手塾がメインの塾で、その補習のための塾、国語や算数だけ教える教科専門塾などにも通わせる。

 

こういうダブルスクールやトリプルスクールが出来るのは、お金持ちや目指す学校のレベルが非常に高い場合だけだ。

 

しかしそこまで裕福でなく、望みもさほど高くないのであれば、要望に応えてくれる個別指導塾を探しても良い。




 

大手塾からの転塾のメリット、デメリット

 

子供の成績が上がらない場合、塾が子供に合ってない可能性が高い。

 

特に一斉授業塾の場合、子供の努力だけではどうにもならないことも多く、家庭学習や別の指導が必要だったりする。

 

たとえば、子供の読み書き力が不十分だったとしても、大手塾ではなかなか対応できない。

 

「そういうことは、ご家庭でやってください」と言うことになる。

 

(そんなことくらい、家でやれや!)と思われている場合もある。

 

もしかすると、読みが出来ないために成績が悪すぎて、退塾を求められる子供もいるかも知れない。

 

塾講師の経験から言うと、地頭は良いのに、トレーニング不足で成績が悪い子供も多いのだ。

 

授業は言葉で行われるため、その言葉が理解できない子供は、どんどん遅れていく。

 

こういうタイプの子供に、総復習させても、おそらく無駄になることが多い。

 

必要なのは、徹底的な読み書きの練習だったり、計算練習や1行問題の特訓だったりする。

 

これはもう、マンツーマン的な指導が必要で、子供が一人で独力で出来る勉強ではない。

 

なので大手塾に通わせている子供の成績が悪い場合、単元学習が全部終わる夏前で、個別指導塾の門を叩いて転塾してもよい。

 

大手塾に未練があるなら、ダブルスクールで徹底的に基礎学力を固めるのも良いが。

広告

子育て 人気教材

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD


このエントリーをはてなブックマークに追加